「コーポ江戸屋敷」の取り組み

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2018.8.22

久留米市の団地「コーポ江戸屋敷」。全国からの参加者で、団地の空き部屋を使った勉強会で「現代の幸せな暮らしって何か?」を学んだ “コミュニティ ベネフィット理論”。そこから導き出された “ランドスケープにおけるアフォーダンス” の取り組みを実行中。
超暑い中で頑張ってくれるスペースRデザインの皆さん、団地内の職人シェアオフィスの皆さん、それを全国誌にレポートしてくれた 赤尾宣幸さん。皆さんのおかげで、ただの経年団地が、“日本でここだけの団地” に変わろうとしている時期に見えてきます。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。