入居者さんによる DIY room 完成

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2018.9.15

賃貸という生活に、「住む+創る」の生活を取り込んだ入居者さんのお話し。賃貸という生活形態は、今後 多様な生活を生み出しそうです。
「自らおこなった賃貸のDIYで、理想の生活ができることで、暮らしの質が上がった。DIY可能なマンションなので、この先も理想の部屋が創れる賃貸の面白さがある。退去する時は、住みやすいこの間取りを、次の入居者にバトンタッチできる楽しさもあるそうです」

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。