吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > DIYリノベ ラッシュ『糸島前原宿』の仲間を巡るまち歩き

DIYリノベ ラッシュ『糸島前原宿』の仲間を巡るまち歩き

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.9.21

あっという間に満員、遊休不動産が主役の「九州DIYリノベMONTH 2018 プレ第二弾は、糸島ディビジョン 野北 智之さんと野北 佳奈さんの企画。文化拠点「古材の森」 “宿場町歩きのキュレーター有田 和樹さん” のご案内で、 “2年で13店舗の新規開店” が生じた謎がわかってきました。
自分たちのまちは自分たちでで創ればいい。そんなまちの皆さんと、九州が好きで心配な皆さんとの飲み会は、いろんな発見がありましたね。
懇親会「AMOUR」の地産地消ビュッフェ 2,000円がそうなように、まちのお店を回ってみることをお勧めします。

遊休不動産をDIYリノベで魅力の場所へ再生しながら、“ビジネスとしてまちの活性化に取り組む” 九州各地のチームが共同で企画するツーリズムイベント「九州DIYリノベMONTH 2018(開催 11/2~11/23)」のプレイベントでした。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。