吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 福岡DIYリノベWeek2018(4日目)オフィシャルツアー1日目 太宰府チーム訪問

福岡DIYリノベWeek2018(4日目)オフィシャルツアー1日目 太宰府チーム訪問

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.11.8

あまりの人気、即満員でオープン募集できなかった伝説のツアー。
『太宰府 夜のまち歩き & 景観賞古民家「小山家住宅」イタリアン懇親会』with〈本州よりご参加の〉平田 美帆さん(全賃)、大島 祥子さん(京都)、角林 佳代子さん(大阪)、井上 寿美さん(東大阪)。遠くから毎年有難うございます。女子率高い 笑。

【エスコート】

地元 WEEK太宰府チーム 鎌田 浩嗣さんは、イタリアからオリーブオイルの直輸入事業「CoRicco Project Dazaifu」を立ち上げる。お父様は博多区御供所の古民家イタリアン「鎌田製作所」のオーナー。お爺様は世界的書家のご一族。立ち上げたばかりの「CoRiccoシェアオフィス」(太宰府天満宮と九博 間のレア立地。数件しかない住宅のひとつをコンバージョン)には。天然素材を使った自然と調和する生き方を提案するリネンファッション「nu」。新しい自分に出会うことをコンセプトに整体と旅のコーディネートする「森をツナグ」の3社が集い。衣食住を太宰府から発信する様々な活動を展開中。

【スケジュール】

西鉄「太宰府駅」⇒太宰府地元の夜のまち歩き⇒夫婦で営まれてる古民家イタリアン「cafeCOCCOLO(コッコロ)」で懇親会
ーーーーー
たくさんの人で賑わう昼間とは全く違う表情を見せる、夜の太宰府。夜の明かりに照らされた幻想的な太宰府天満宮と門前町を歩き。太宰府が積み重ねてきた歴史解説とともに、夜のまち歩きを楽しませて頂きました。地域優先宿である「ゲストハウス阿蘇び心」には行けなかったけど、今日の参加メンバーが宿泊。地元の人で賑わうご飯処やカフェなどにも立ち寄り、太宰府を大切にしてきた人たちと、未来の太宰府のあり方をお話できたのが、最高の収穫でした。

〈懇親会のお店〉

第4回「だざいふ景観賞:小山家住宅」
江戸末期の建築で、かつて太宰府の銀座と呼ばれ、平成27年から整備された小鳥居小路にあります。平成28年に保存修理がなされカフェとして生まれ変わった小山家住宅は、これからの小鳥居小路活性化の起点となるとして、景観賞を受賞しました。

CoRiccoシェアオフィス」で本場 梅ヶ枝餅のもぐもぐタイム。地元の梅ヶ枝餅は美味しい!

夜の天満宮さん。「心字池」にかかる「太鼓橋」。現在・過去・未来のため引き返してはいけない。遅くなると天満宮は締ります。

「小山家住宅」⇒リノベーション⇒古民家イタリアン「cafeCOCCOLO(コッコロ)」

太宰府駅の地図で歴史をレクチャー頂く。

歴史的宿屋「天領日田」の人たちご用達の宿が、駅前にあったりする。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。