吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 福岡DIYリノベWeek2018〈6日目〉オフィシャルツアー3日目 久留米・大牟田チーム訪問

福岡DIYリノベWeek2018〈6日目〉オフィシャルツアー3日目 久留米・大牟田チーム訪問

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.11.10

とうとうイベントピークの土曜日。今日も、全国賃貸住宅新聞社 平田 美帆記者さん、HEAD研究会の皆様を中心に。普段行かないところで普段できない体験ができる。各地のDIYリノベチームによる、地元のローカルを楽しめる旅。面白いのは、何度も各チームを訪問しているのに、同行する人によって話題や視点が違うこと。一つの事象に多面的な理解が出来るようになることで、より本質に近づけるような経験。これはこんなことなんだという理解で終わってしまうと、理解が深まらないもったいない感じ。経時変化の中から何かを見つける時に、算数で習った微分積分のイメージが意外に役立ちそうです。
ーーーーーーーー
《久留米エリア》
「半田アパート by 半田 啓祐 半田 満チーム」にて「ほとめきPJ」&「くるぐら会議」説明 ⇒ 「松葉ビレッジ by 井上美恵子チーム」⇒「コーポ江戸屋敷 by 株式会社スペースRデザイン」

《大牟田エリア》
「Taramubooks&cafe」⇒「大牟田中心市街地DIYリノベエリア視察 by 冨山 博史、Saori Harada、村田 仁」

そして『大牟田全員集合シンポジウム会場 元キャバレー「大牟田ふじ」』

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。