吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 福岡DIYリノベWeek2018 株式会社スペースRデザインチーム訪問 山王マンション

福岡DIYリノベWeek2018 株式会社スペースRデザインチーム訪問 山王マンション

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.11.20

2003年から、賃貸領域でリノベーションの歴史を作ってきた「築50年 リノベーション ミュージアム 山王マンション」。築年数を経るほどに稼動力が高くなり、部屋を見れる機会が減ってしまった本物件を、WEEK期間だけベテラン入居者さんのお住まいを訪問できる特別企画。
理解不能な部屋に見えるけど、この部屋から学ぶのは、私たちの目的はリノベーションデザインをすることではなく。
築年数・設備・環境の悪条件に対し、チャレンジを続ける建物に住む入居者さんたちが、そんな建物に包まれることで、ご自分の表現力をMAXまで解放できる雰囲気の建物に育てることらしい。つまり、「そんな雰囲気のデザイン」をすることが目的なんだと思えてくる。
そこに、リノベーションやコミュニティは関係あるのかもしれないし、関係ないのかもしれない。確実にあるのは、続くものの中にいる共感や安定感のようなものかも。

そして、これからどんな進化が起こるのか誰にも解らない、築50年博多区のガラパゴス棟でした。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。