吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 鹿児島DIYリノベweekendシンポジウム2018 @鹿児島大学

鹿児島DIYリノベweekendシンポジウム2018 @鹿児島大学

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.11.23

by 中川 詩織さん・小平田直也さんによるグラフィックレコード中心に。
福岡DIYリノベWeekを 吉原 勝己より福岡県11チームの報告から始まって。熊本県長洲 玉名の活動を徳永 伸介さんと南下して。ホストの鹿児島市内は須部 貴之さんの人とまちが育つ仕組みづくり。 山下 愛未さんのUFOホテル再生爆ウケ活動報告。頴娃町 加藤 潤さんより かつての商店街空家7軒を、移住者とともに交流拠点や宿運営に再生される生々しいお話しを。
鹿児島の人たちのエネルギーから生まれる行動は、抜群にユニークで未来的。

最後のメインゲスト アラタ クールハンドさんより、フラットハウスの文化的側面からDIY再生事例。そして二拠点居住によるライフスタイルの再考まで。このお話しは今後の必修科目です。
九州各県でおこなった、同じDIYリノベから始まるテーマなのに、すべての報告で課題や方法論が違っていて、お土地柄や個性が出てオモシロい。これが、空家時代の自己表現、そしてローカリゼーションの未来でしょうか。

今後も九州各地の動きから目が離せない1ヶ月となりました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。