吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 福岡DIYリノベWeek 2018 吉浦 隆紀・半田 啓祐&満兄弟チーム報道@全賃

福岡DIYリノベWeek 2018 吉浦 隆紀・半田 啓祐&満兄弟チーム報道@全賃

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.11.30

僕たちの「自分の好きな暮らしは自分で創る、自分の好きなまちは自分で創る」DIYリノベWEEKプロジェクトが全国誌で紹介される。
福岡市城南区 吉浦ビルは、20/40室が入居者DIYのクリエイティブ ブランドビル。スケルトンから家賃18ヶ月分での改修費はオーナー負担、それ以上は入居者負担。だいたいそれを越えるので、DIY & 入居者同士の手伝いでビル全体に交流が自然に広がる。
久留米市 半田ビルは、「室内というより、住みやすいまちでなければ意味がない」と、菜園・カスタマイズ賃貸・コミュニティルーム・食事会・マルシェの順で、周辺住民まで巻き込み地域イベントでエリア価値を発信する、エリア ブランディング コアビル。
空家・空ビルは、DIYリノベにより、人がつながり、生活の心を満たす。今後の建物は「物質的価値」から解放され、「内面的な本質的価値」と「経済的価値」の等価交換が生じることになりそうです。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。