吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > セミナー、勉強会 > 「ビジネスイノベーション特別演習」@首都大学東京ビジネス・スクール

「ビジネスイノベーション特別演習」@首都大学東京ビジネス・スクール

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2018.12.8

首都大学東京ビジネス・スクール @丸の内サテライトキャンパスにて、経済経営学 高橋勅徳先生・木村 隆之先生の「ビジネスイノベーション特別演習」でお話しさせて頂く有難い機会。テーマは、先生方の新著書籍『ソーシャル・イノベーションを理論化する』の中で、滋賀県長浜 黒壁の事例とともに、私たちの事業と活動を事例分析頂いた、その実際のご報告。

家族で生きていくための不動産事業の経営再生を、それなりに頑張ってやってきた訳ですが、それがいつの間にか、遊休不動産を活用したまちの活性化を各地で惹起していた。それを仲間たちで経験し、共有し、学びあうことで伝播する気がする。

考えてみると、この不思議な事実を、経営学・社会学の見地から今回解明して頂いて。そして、私たちの立ち位置を、経営理念・社会性の見地から、補強して頂いたんだと思います。今日の講義から、「ソーシャル」「イノベーション」「理論化」、僕たちのジャストワードが並んだこの書籍をきっかけに。九州各地で同時多発しているストック活用の理論化に、この領域からご一緒にアプローチして頂くことで、九州スタイルのまちの活性化に、次なる新たな可能性が生まれる予感がしてきます。

今年の福岡DIYリノベWEEK2018にもご参加頂き、プロ領域からご一緒頂いた、徳山 明さん、大菅 力さん、岡﨑 卓也さん、有り難うございました!

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。