福岡DIYリノベWeek2018 DIY特集

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2019.1.7

賃貸入居者さんによるDIYをテーマに、昨年11月「福岡DIYリノベWeek2018」の模様が、専門誌ヤヌジヌで紹介されました。
家賃の18ヶ月分のDIY費用を家主が負担し、クリエイティブな入居者さんでいっぱい、 吉浦メンバーの「吉浦ビル」。
築57年戸建てシェアハウスの2階をスモールオフィスに設定したことで生まれた、住宅地内のオフィス需要「茶山ゴコ」by 株式会社スペースRデザイン。
吉原より「住宅地にも近隣居住者による小規模オフィス需要があり。さらにDIYをアイコンに、地域に開いた空き家プチプロジェクトの可能性あるのでは」とコメントさせて頂きました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。