『茶山ゴコ』PJ

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2019.1.11

at home 誌で、クライアントご一族の相続対策相談から始まった『茶山ゴコ』PJ 。レトロビル再生が中心業務のなかでの戸建て再生案件は、一応イメージどおりに稼働中。吉原より「戸建住宅は、庭があり道路に面して開放感がある。これをコミュニティ形成に生かせれば有利。たとえ経年物件でも、きっとニーズは掘り起こせる」と感じたPJでした。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。