チャレンジ相続対策専門士

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2019.1.31

仕事に活用してきた 公認不動産コンサルティングマスターの資格に、専門士制度が付加され、もう一つの「相続対策専門士」にチャレンジ。受講者は、正月に書いたレポート審査を通過した全国からの恐ろしげな50名。講師陣は滅多に存在しないスクーリングができる実戦的コンサルのプロの先生。
その中で、香港在住の資産家夫婦とその家族の相続問題を解決するテーマ設定のなか。各人の得意分野を意見集約し、実際に使えそうな、新規性と実現性が高い解決策がまとまった。しかも、私たちの即席チームがプレゼン2位で嬉しい。

組織的にもオモシロい体験で、僕らの社内で理解が進み始めた流行りのティール組織とは別次元の。元々好きな問題解決型組織の即効性と有効性を追体験できて楽しかった。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。