焼額合宿

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2019.2.2

焼額合宿こんな感じ。奥志賀はパウダースノーと晴天に恵まれました。遠くに長野側から見た苗場山が。

奥志賀パークの整備がスゴく、ここまで来ると白人のスキーヤー・ボーダーだらけ。鹿島槍、劔、五竜、唐松、飯縄、白馬が見えます。

群馬県に入り、日本国道最高地点 渋峠では、ヒュッテ犬が待っててくれた。標高2307m 横手山頂ヒュッテのボルシチが、気圧低いのに美味しい。今日は、あの原田知世が遭難しかけた志賀―万座ルート、そして昨年 軽井沢から自転車で一周した浅間山が遠くに良く見えます。

合宿のガーミンデータは、105kmで9100mの累積高度降下。その中でも絶景の横手山リフトは斜度が激キツで、昔 スキー板を手にもってシングルリフトに乗った記憶あり。北志賀→渋峠→万座へ抜ける、自転車グランフォンドで何度か上った国道も今は白いスプーンカーブ。
帰りの横手山頂から下る、メロウな緩斜面で癒されて下さい。
そうそう、焼額山への帰りしな、東館山 金さんゴンドラに遭遇でいいことあるそう。

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。