福岡の墓石問題

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2019.2.27

一族でお墓の今後を悩ましく考える中での、墓石の話し。子供の頃の学校裏は埋め立てられる前の白砂青松の百道浜で、いつも浜辺で遊んで帰っていたけど。そういえば海の突端までの護岸は墓石でできていて、墓石の上でみんな遊んでたよね。魂は抜いてあると思って。これが、ご先祖の墓石となると、ただの石ではない感じで、どこかに残したくなるものでした。平成のお墓事情を、西日本新聞より。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。