吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 「全国まちづくり会議2018 in 九州大学 箱崎キャンパス」報告書

「全国まちづくり会議2018 in 九州大学 箱崎キャンパス」報告書

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2019.3.6

終了した九州大学 箱崎キャンパスでの最後の思い出になった「全国まちづくり会議2018 in 福岡」報告書を頂きました。海外の方も多いセッションの中、熊本県立大学 Ilji Cheong先生の通訳で発表させて頂いて。「公共性と事業性の間」をテーマに主管の先生方と、福岡・韓国のまちづくりで活躍される方々との、国を越えた議論と理解があって。

これがきっかけで、韓国の方々が僕らのプロジェクトに遊びに来て頂いて。そのご縁で国を越えた行き来を経験して、同じ悩みを解決するための理解が進んでいく。

自分たちは賃貸業をやっているだけなのに。

これからの時代の賃貸業が底知れない可能性を持っていることの一端を、体験しているのかもしれない。大変なきっかけを頂いた一日。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。