福岡市東区香椎 商工連盟セミナー

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.3.12

福岡市東区香椎駅周辺はまちごと凄まじい再開発の中、今後のまちのあり方を考えるワールドカフェに参加させて頂いて、岩永 真一さんと一緒に仕事ができた貴重な経験。
まちを見て回ると新築ビルやマンションが乱立し、空きテナントもかなりある中で、まだまだ建設予定の空き地がたくさん。たぶん、ビル経営される方々はいろんな戦略を練ってあるとは思うけど。水面下で、都市間の居住者・テナント獲得競争がおこなわれている業界で、福岡市内における、まち(エリア)レベルでのユーザー(入居者および、入居者さんのお客さん)獲得競争が始まったことを実感します。

再開発が、一つの都市内での競争を生み出すとしたら、建てられた後の建物とまち(エリア)の運営は、より高度な技術と情熱の塊が必要で。それに勝てないまち(エリア)は不動産的厳しいまちになるのかもしれない。

その中で、岩永さんの進行からいかにまちづくり(不動産×コミュニティ)が大切か。わかっているのに、改めて納得。

そんな不安から、たぶん歓迎される話ではないけれど、民間ビル経営者の立場から、これまでと違ったお話をさせて頂きました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。