『筑後ほとめきカレッジ』1年後報告会

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.4.15

福岡県久留米市の賃貸団地「コーポ江戸屋敷」の空き部屋を講義室に。東京から チームネット 甲斐徹郎 先生を招いて始まった『筑後コミュニティデザインカレッジ』。それをベースに九州工業大学の“ストックデザイン&マネジメントプログラム” で、まちづくりプレイヤーを養成するための実践講座として、徳田光弘先生の指導のもと始まった『筑後ほとめきカレッジ』。この学び合いの蓄積が、筑後エリア各地の新しい動きを生み出しました。そして、その1年後。この検証報告会で、6月17日(月)久留米の地に再び集まり仲間たちと成長を確認し合います。
翌日スタートの 福岡国際センターで始まる「賃貸住宅フェア九州2019」の前夜祭も兼ねて。全国の皆さん、久留米に前入りしてください。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。