鹿児島県頴娃町 加藤 潤さんのお話し@冷泉荘

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2019.4.23

鹿児島県頴娃町で、難易度の高い地方観光の盛り上げと、空き家DIY再生の相乗効果のスタイルで、町の活性化を実現されている、加藤 潤さんのお話しを「冷泉荘」で。
加藤さんは、僕らの「福岡DIYリノベWeek」から拡張した「九州DIYリノベMONTH」鹿児島チームの仲間であり、「鹿児島DIYリノベWEEKENDシンポジウム2018」登壇者。
注目すべきは、日経新聞にも取り上げられるように、九州の端っこという不利な条件を、「ローカルベネフィット」へ転換される、地方だからこそのイノベーション。これが偶然では無いのは、続々と出される理論化されたブックレットの内容から解ります。
九州の最先端情報に乗り遅れたく無い方は、参加された方が良いと思う。「九州頴娃スタイル」が、コンセプトワードになるかもしれない新時代。
ーーーーー
【中小企業家同友会 ソーシャルビジネス委員会5月オープン例会】興味ある方、参加可。
◾️テーマ「観光を地域と繋ぐ空き家再生プロジェクト」
◾️ 講師:NPO法人頴娃おこそ会:加藤 潤 氏(鹿児島県頴娃町)
◾️ 日時:2019年5月7日(火)18:00〜20:00
◾️場所:冷泉荘 1F多目的スペース
◾️ 参加費:1000円
◾️ 懇親会:近隣4000円程

◾️申し込みイベントページ
https://www.facebook.com/events/629747407474174/

◾️講師紹介
・おこそ会 観光プロジェクトリーダー
・タツノオトシゴハウス/ シーホースウェイズ(株) 専務取締役

埼玉から鹿児島県頴娃町に移住し、タツノオトシゴ観光養殖場を運営。おこそ会を通じ、地域と行政と観光を繋ぐ活動に取り組む。それが派生し、地域おこし協力隊運営などの行政連携事業や空き家再生にも注力。

◾️参考
・NPO法人 頴娃おこそ会
https://ei-go.jp/ei-okoso-about/

・日経新聞電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27015660W8A210C1MLY000/

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。