吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 冷泉荘 > 吉原住宅 卒業生 山本君の まちづくり会社起業

吉原住宅 卒業生 山本君の まちづくり会社起業

カテゴリー:冷泉荘
投稿日:2019.5.2

初代 冷泉荘 管理人 山本 剛司君が起業した、筑豊 田川のまちづくり会社「共同ポケット」。設立おめでとうございます。

田川市美術館での設立記念イベントは、90歳現役看板絵師 篠原光雄さんのトーク&ライブペイント。

子供の頃の福博は映画館がいっぱいで、特撮映画常連だった清川の「ゆには会館」なんかで、篠原さんの絵を見ていたんだろう。

そして、ポスターの屋台は、知る人ぞ知るリノベーション屋台。2005年ごろ近畿大学生だった大坪さんや山本君、カメラマン松本先生たちで結成した、学生による天神のビル屋上解放インスタレーショングループ「sky☆jack」が、今泉のラブホの裏にあった放置屋台をもらって再生した記念すべきリノベーション作品。

屋台人生を振替っても、天神での現役屋台時代→パークビル屋上→横浜アートイベント→同友会例会→賃貸住宅フェアマリンメッセ→箱崎ビル屋上イベント→山王マンションでの時を待って、再び田川で再デビューという数奇な運命を辿る。

筑豊にはここにしかない筑豊らしいさが色濃くあって、オモシロい人はいつまでもオモシロいことに取り組んでいるから、自然に周りに集まる人たちがいる。そして、それを受け継ぐ人たちが頑張っている。そんな田川はアートな感じ。

田川市美術館
https://www.facebook.com/events/614272582374682

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。