博多松囃子 稚児舞@冷泉荘

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2019.5.3

今年の どんたく は絶好の晴天で、伝統行事 博多松囃子を「冷泉荘」にて謹んでお受けすることができました。入居者さんの、博多人形作家 田中勇気さんもテレビ出演で。一方、町内の渡辺通 サンセルコ広場では、町の皆さんが熱心に指導される「一丁目太鼓」の子供たちの音が繁華街に響き渡る、活気のまち博多のシーン。

『博多松囃子(どんたく)の歴史』
1179年 平 重盛 公の報恩で始まる。その後、国主への新年祝賀後、櫛田神社・豊国神社・聖福寺・承天寺・崇福寺や、博多の由緒ある家などへの限られた祝いだった。明治からは、県庁・市役所・警察署に表敬訪問するなどの、伝統と格式を重んじた格調高い行事として続く。中でも、稚児舞は12・13歳以下による、天冠・舞衣・緋の袴での舞楽で、古き博多の繁盛を祝う。戦争で一時中断した復興後の現在、福岡県無形文化財、国の無形民族文化財となる。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。