吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > ソーシャルビジネス委員会 > 鹿児島県頴娃町の「観光を地域とつなぐ空き家再生プロジェクト」

鹿児島県頴娃町の「観光を地域とつなぐ空き家再生プロジェクト」

カテゴリー:ソーシャルビジネス委員会
投稿日:2019.5.7

鹿児島県頴娃町 加藤 潤さんをお迎えした「同友会ソーシャルビジネス委員会 冨山博史委員長 就任例会」。会場は満席。内容は最先端。評論家と違う実体験から出てくるリアルな取り組み。プレゼン技術はハイレベル。この数ヵ月で、難しいはずの加藤さんの仕事の自己分析が格段に進んでいたのに驚きました。

日本の端っこ九州の、それも鹿児島の端っこで、普通は衰退するしかないまちで。資金が無くても、数名でも、こんなLocal Town Activation を起こせる可能性が、日本にあることを、会場の企業経営者・研究者・行政の皆さん45人と確認する。

真似ができるか、再現性があるかのお話は、凡人レベルのお話しで、意味がないので止めときますが。九州には、こんな能力者(尊敬すべき変人)が、各地で着々と活動を繰り広げられていることを、そんな島であることを、衰退時代の生き方のヒントとして知っておくと良いと思われました。

この続きは、2019年11月4~10日「福岡DIYリノベWEEK」、および「九州DIYリノベMONTH Nov.2019」で、ガッツリ行います。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。