吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > セミナー、勉強会 > 筑後ほとめきカレッジ*一年後報告会(くるめぐらし会議vol.04 )開催

筑後ほとめきカレッジ*一年後報告会(くるめぐらし会議vol.04 )開催

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.5.21

まちを元気にする人材育成の機会となった、「ストックデザイン & マネジメント (SDM) 地域エスコートプログラム」の社会実装プロジェクト。その『筑後ほとめきカレッジ』(2017年11月~2018年3月実施)からはや1年。

画像3枚目のあの時の、徳田光弘先生、甲斐徹郎先生、須部貴之さんを講師に生まれた「自分サイズで始めよう!」何てステキな合い言葉。そこから、久留米や筑後の人とまちに、どんな変化が起こったのか、その検証報告会を行います。

企画した私たちも予想もしなかった動きが、市民の皆さんから始まっているようです。

このタイミングに、地方のまちの未来予想が見えてくる、まちに再び始まる物語を、皆さんで感じてみませんか。

【SDM ディレクター & アドバイザー】

◾️徳田 光弘氏(プログラムディレクター)九州工業大学大学院 准教授 、一般社団法人リノベーション まちづくりセンター代表理事
◾️吉原 勝己(プログラムディレクター)
◾️須部 貴之氏(アドバイザー)株式会社KISYABAREE 代表取締役

【主 催】
くるぐらハッコウ所、NPO 法人福岡ビルストック研究会( 福岡DIYリノベWeek 久留米 division)

【問合わせ】
TEL : 090-4355-9423( 担当:半田)
合同会社 H&A brothers
(久留米市東櫛原町 2035 半田ビル 103)

https://www.facebook.com/events/181469666122290

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。