九重やまなみ阿蘇ライド

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2019.6.23

イタリア合宿への最後の仕上げ、九重やまなみ阿蘇ライド。169km、累積登坂3400m、もう少しで富士山の高さ 笑。先々週とは若干コースを変えて登坂を増やしたことで、扇型棚田や九重に向かうダート、美味しい古民家のお店など、素晴らしいコースを見つけれた。前回は南阿蘇の折り返しで、右膝の激痛トラブル。左足だけで、外輪山から牧ノ戸峠の難コースを戻れたことが力になったみたいで。今回はフォームや機材やセッティングで膝対策をしてみると、これまでになく 帰りの牧ノ戸峠へのスピードさえも維持できて、全体タイムは速くなり自転車は奥深いです。歳を取ると体にトラブルが出たり、衰えるのが当たり前と思っていたんだけど、アスリート先輩たちや、九州の自然からたくさんのエネルギーをもらって、歳でも強くなれることがあるんだと実感できて面白かった。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。