熊本県玉名市高瀬川 ビル再生PJ

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2019.7.19

熊本県玉名市高瀬川は、かつての海運の名残による、石垣と石橋の景観がとても美しい。そこに奇跡のように残る、元 整形外科のRC物件が、玉名を愛する若い人たちの手で動き始めるという。九州の歴史と文化を象徴するような、このリノベーションプロジェクトのスタート。

九州各地で活躍される方々が一同に集まって、意見交換会を行うという、意見を出す方も、出される方も学びを得られる貴重な一日となりました。
ここ高瀬川のポイントは、菊地川下流の船着場であり、加藤清正が治水と米の集散場を整備したことから始まる。この「高瀬蔵」から船積みされた米は、大阪の米相場の基準になるほど高品質なものだった。当時の物流拠点で栄えた名残を、玉名市役所の専門家の方に、各ポイントで教えて頂きました。
今後の玉名プロジェクトに注目です!

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。