長崎原爆記念日

カテゴリー:暮らし
投稿日:2019.8.9

長崎原爆で、奇跡的に残った親戚の家から引き取らせて頂いたテーブルを、会社のみんなで使っています。それから 74年が経って、またその日が来た時に思う。いつも一緒にいるのには、何か意味があるのかんしれん。
筑後は朝倉のじいちゃんの。田んぼで “きのこ雲” を見たよ と子供の頃 言ってた。そんな、夏休みの田舎で、柴犬と遊んでいた記憶が甦ってきました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。