吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 九州産業大学建築都市工学部 不動産学講義の学生感想

九州産業大学建築都市工学部 不動産学講義の学生感想

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2019.8.11

昨年9月から今年1月まで 15回。九州産業大学建築都市工学部で、企業経営も大変な不動産経営者が初めての講師。成立するのかも解らなかった講義では、九州限定ゲストスピーカーを交えた現場の意見交換も含め、手探りで実学を目指してみた「吉原流 不動産学入門」 笑。
ゲストの皆さんの有難いお力添えを頂きながらも大変だったけど、こんな反応が学生から来ました。
敬遠してきた先生という職業が、ようやく解る気がしてきます。ということで、今年もパワーアップした「実学クリエイティブ不動産学 2019」の講義準備を、お盆の間やっとります。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。