九州賃貸住宅アカデミー 福岡大学報告

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.7.19

11月9日(土)久留米市で開催準備中『第一回 九州 “不動産賃貸学” 研究会』 に向けて、『九州賃貸住宅アカデミー in 賃貸住宅フェア九州』での福岡大学報告が全賃紙面で紹介されました。

 

  • 福岡大学 西野研究室「空き家調査から見えてきた、50%空き家の存在と、4つの利活用案」

 

会場での話題は、テンジン大学 岩永 真一学長さんによる、“グラフィックレコード” 。4大学の報告が、ホワイトボード上でダイレクトにビジュアル変換されていく。一般人には理解不能なこの才能に興味を持った聴講生も多かったのでは。みんな写真を撮って帰ってましたね 笑。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。