吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > セミナー、勉強会 > くるめぐらし会議Vol.5/南イタリア都市研究者が語るまちの活かし方とは? ~時間と空間から紐解くまちの魅力~

くるめぐらし会議Vol.5/南イタリア都市研究者が語るまちの活かし方とは? ~時間と空間から紐解くまちの魅力~

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.9.22

アマルフィなど研究される、久留米工業大学 稲益 祐太先生をお迎えし、海外からみえる〝久留米のまちの活かし方″ を伺います。自分の体験からも、ヨーロッパ目線で九州の地方都市をとらえなおしてみると、そうとう面白いアイデアが浮かんでくると思います。メクルトでお待ちしてます。
【スピーカー】稲益祐太(久留米工業大学)/半田 満(H&A brothers)/吉原 勝己 (ビンテージのまち)

問い合わせ:スペースRデザイン
https://www.space-r.net/event/kuruguravol5

★「くるめぐらし会議」とは、久留米に暮らす人、企業、コミュニティなど、多様な立場で「久留米だからこそ実現できる暮らし方、働き方」のおはなし会です

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。