吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > セミナー、勉強会 > 団地をキャンパスに学ぶ社会実験プロジェクト『久留米DIYリノベカレッジ』エントリー開始!

団地をキャンパスに学ぶ社会実験プロジェクト『久留米DIYリノベカレッジ』エントリー開始!

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.10.2

【市民セミナー】
● 10月19日(土)15:00~18:00
『DIYリノベがまちを変えるセミナー』
基調講演:リノベーションジャーナル 編集長 大菅 力氏 @久留米市商工会議所

【DIYリノベ実践カレッジ】
● 第1回DIY講座:10月26日(土)解体
● 第2回DIY講座:11月30日(土)塗装
● 第3回DIY講座:12月21日(土)床づくり
● くるめぐらし会議:1月or2月 振り返りの会

久留米市の団地型民間賃貸住宅「コーポ江戸屋敷」をキャンパスに、解体から完成までを専門職から学ぶ、DIYリノベ実践型カレッジ。
久留米工業大学・久留米市役所との産学官連携により、市民レベルでの社会課題解決を目指すプログラム。地域に眠る不動産資源の新たな可能性の発掘に取り組みましょう。

【DIY講座定員】(選考のうえ)10名

【DIY現場】コーポ江戸屋敷111号(久留米市江戸屋敷1-7-1)

【対象】
● DIYでの部屋づくりに興味のある方
● 建築を学んでいる、または関心のある学生
● 不動産再生や活用を目指す不動産オーナー
● まちづくりや都市再生事業に関わる行政職員の方 など

【受講料】
全プログラム合計 10,000円(税別)(学生無料)

【エントリー】
こちらよりお申し込みください。

【お問合せ】
株式会社スペースRデザイン(担当:前田)TEL:092-720-2122

【講師・運営スタッフ】

● 吉原 勝己/ビンテージのまち株式会社

● 稲益 祐太先生/特別講師・アドバイザ―
久留米工業大学建築・設備工学科特任講師。東京都出身。専門はイタリア建築史・都市史。

● 前田 由季子/企画ディレクション
株式会社スペースRデザイン
経年賃貸物件の空室対策や経営改善に向けた企画提案、リーシング及び管理、コミュニティデザインなどに携わる。建物の長期的な運営に向け物件の特徴と本質的な課題を見極め、オーナーの想いに寄り添うブランディングを目指す。コーポ江戸屋敷では、主にリーシングを担当。

● 半田 満/設計デザイン・DIYコーディネート
合同会社H&Abrothers
マチとつながる賃貸アパート『H&A Apartment』の経営を軸に、賃貸物件・店舗・オフィスのリノベーション工事、DIYワークショップの企画・運営を行う。「Chietsuku Project」や「久留米移住計画」などの複数のまちづくりプロジェクトにも参加。コーポ江戸屋敷では、職人シェアオフィスを立ち上げ・運営を行っている。

● Brian Yaputra ヤプトラー・ブライアン/プラン発案・設計デザイン
久留米工業大学・建築学科 3年生
日本の木造建築と耐震性の技術に興味をもち、3年前にインドネシアから日本へ留学。建築を勉強するなかで、都市再生、リノベーション、リファイニングに関心。学外の経験から、DIYを通じてリノベーション建築の良さを積極的に味わいたい。

● 宮下 愛美/設計デザイン
株式会社スペースRデザイン
鹿児島大学工学部建築学科卒業。意匠系研究室にて、リノベーションにおけるまちづくり再生を題材に研究。卒業後、店舗設計や現場管理等幅広く経験を踏み、スペースRデザイン入社。賃貸の再生デザイン・企画設計を主軸に、コーポ江戸屋敷では全体プロデュースを担当。

● 半田 啓祐/コミュニティデザイン
合同会社H&Abrothers
久留米市出身。マチとつながる賃貸アパート『H&A Apartment』の運営を中心に、賃貸物件・店舗のリノベーション、DIYワークショップの企画・運営やまちづくりに取り組む。コーポ江戸屋敷のコミュニティデザインを担当。

● 田中 数馬/技術指導(空間デザイナー・グラフィックデザイナー)
Chietsuku PJT. / SEED Seiho PJT.
1990年福岡県久留米市出身。九州産業大学にて芸術的空間デザインを研究。卒業後は大川市の家具工房へ弟子入り、創作家具を学ぶ。2017年よりデザイン活動を本格化させるためフリーランスとなる。2018年アジアアートデザインエキシビジョン 日本人推薦枠入選

● 岩橋 雄也/技術指導(塗装職人)
岩橋塗装工業株式会社
1984年2月1日生まれ 小中学校を地元久留米で過ごし高校は東福岡サッカー部に在籍。サッカー漬けの高校生活を送るものの全国クラスの壁で挫折。その後ブラジルへフットサル留学、今度は代表クラス・海外プロレベルの壁に挟み潰される。性格がストイックだと自他共に認める。現在は専務の役職を背に職人と両立。2020年にマラウィ共和国で「塗装」を通じての異文化交流を予定している。

● 亀崎正吾/技術指導(造園家)
株式会社亀崎開楽園
1978年6月16日生まれ 久留米育ちで小学2年~中学まで野球三昧生活。柳川高等学校バレー部の寮生活で地獄の上下関係を学ぶ。西日本短大造園部緑地工学卒。造園材料を学ぶ中で”Garden factory創都”清水亮史さんに出会う。造園・外構・プランニング・営業・見積根拠をガッツリ学び、2009年カメリア緑景設立。2012年に父の会社と資本金を合わせ(株)亀崎開楽園を設立。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。