吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 『YELLOW BASE TENJIN ビル再生プロジェクト』スタート

『YELLOW BASE TENJIN ビル再生プロジェクト』スタート

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2019.10.16

ビル経営・賃貸経営サポート事業 株式会社スペースRデザイン 次の新プロジェクトは、福岡市中央区天神の見慣れた景色に建つ『YELLOW BASE TENJIN ビル再生プロジェクト』。しっかりとした事業構想を持たれるオーナーさんとの綿密な打ち合わせを続けながら、物件調査・エリア調査・ターゲット設定・テナントイメージ設定・フロアコンセプト・空間デザイン・サイン計画・設計・施工管理・既存テナントとのコミュニケーション、そして、工事中からスタートする WEB/SNS/メディア発信 などの、プロモーション&リーシング業務という、ビルの将来的共感密度を高めるためのサスティナブルな事業計画。そんな、会社規模のわりに膨大な時間とアイデアを費やすワンストップ業務ですが、だからこそ工事中でも入居検討頂ける実績が多いのが、当社の特徴かもしれません。
また、不動産仲介部門も、住居・テナントともに、ただいま秋の繁忙期に入り、自社仲介を中心にした入居申込が続くのも、スペースRデザインらしい年末に向けての忙しさかも。
天神でも海が近いこのエリアのコンセプト「コンテナ」イメージの『YELLOW BASE TENJIN 5・6F 見学会』は、11月末ごろご案内させて頂ける予定。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。