不動産学 第4/15講 福岡大学研究室より研究報告

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.10.10

九州産業大学 不動産学 第4/15講。福岡大学建築計画研究室 西野 雄一郎先生・池添昌幸先生・研究室の4年生12名から頂いた完成度の高い研究活動報告が、九州産業大学の2年生80人の学生生活の今後にどんな影響を与えるのか興味深い。両大学混成100人弱でのグループトークは、もっと時間が欲しかったと学生たちから多数の反応が出てごめん。このパターンの講義時間はもっと長く、講義回数をもっと減らした方がいい感じ。

次回 第6講は、10/24(木)14:40~「大牟田市・福岡市城南区より、衰退都市の社会問題をクリエイティブ不動産で解決する3代目不動産オーナーの生き方」をテーマに、大牟田市 冨山 博史さん、城南区 吉浦 隆紀さんより、これまでの授業で習ったことがない、不動産を友達にした生き方をインプットしてもらいます。
やっぱり講義を聞きたい人のための「社会人講義サポーター制度」にも、毎回お手伝い頂く方が現れて、引き続き会社さぼって参加可能な状態です 笑。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。