阿蘇のシュメール文字遺跡

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2019.12.22

「進撃の巨人」のロケ地『押戸石の丘巨石群』は、北阿蘇の平原を見渡す神がかりな立地で、不思議なことも普通に思える特別なポイント。人工の配置とされる9つの石の最大は、麓からも見える高さ5.5mのピラミッド岩で、先史時代の巨石文化遺跡とされる。岩には4000年前メソポタミア文明を開いたシュメール人の楔形文字「蛇・牛」が書かれ、何回目か訪れて、今回やっと読み方がわかった。ピラミッド岩を一周すると方位磁石がグルグル。夏至と冬至の太陽を示す岩もあり、北阿蘇はミステリーなところでした。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。