吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 福岡DIYリノベWEEK2019 オフィシャルツアー(6日目)

福岡DIYリノベWEEK2019 オフィシャルツアー(6日目)

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2019.11.8

「福岡DIYリノベWEEK2019」はや6日目。11月8日(金)午前中のこちらは、「シンポジウム前日のもう一つのオフィシャルツアー」。
スペースRデザイン社の、築古になるほど価値が上がっていく『経年優価』の賃貸物件。『リノベーション ミュージアム』の2棟。
●チームNo.1 築61年「冷泉荘」
●チームNo.2 築42年「清川ロータリープレイス」 での入居者さんとのコラボ展示会
東京からHEAD研究会、不動産経営者会 JRMA、全国賃貸住宅新聞社の皆さんにお越し頂きました。

大牟田チームNo.10「大牟田ビンテージビルプロジェクト」。冷泉荘から西鉄電車で1時間の大牟田駅へ。懇親会は、商店街活性化のきっかけとなった、初めて市民の皆さんがDIYリノベーションで創った、辰巳屋ビル1F「イタリアンレストラン nido」の銀座通り商店街から 。トロッコビヤサーバを押しながら飲みながら、大牟田の再生名店を巡る名物「不摂生ツアー」笑。
シャッター商店街に次々とお店がオープンするというマジックのようにも見える背景の、大牟田の皆さんが努力してこられた再生案件の視察から、そのストーリーに興味を持って頂くことで、皆さんそれぞれに古くて新しいまちを楽しんで頂けるオフィシャルツアー。
東京からHEAD研究会の皆さん、韓国から大学や研究所の皆さん、全国から不動産経営者の皆さんにお越し頂きました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。