九州DIYリノベWEEK/MONTH2019 OUTCOM

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2019.11.22

「福岡DIYリノベWeek 2019」集計速報。
来訪者 過去最高《1093名》チームNo.1-11のべ人数
・オフィシャルツアー参加のべ人数《306名》初企画
・久留米全員集合シンポジウム《146名》。学生も大勢参加
「DIY(Do It Yourself)」が、エリアを越え、時間をかけ、集積することで、『DIT(Do It Together)』への転換現象が起こっているよう。僕たちは、その閾値あたりにいそうです。
ご参加の皆さま全国からお越し頂き、今年も楽しい時間をご一緒頂き、有難うございました。
次は、鹿児島へ南下します。
————————————–
【鹿児島DIYリノベweekendシンポジウム2019 11.23(土) 19:00~@騎射場の居酒屋 『ペンギン酒店』 Penguin Saketen
【対象】DIY、リノベーション、コミュニティ、エリアマネジメント、建築、デザイン、まちづくり、ご興味の方。社会人、大学生、行政の方。
————————————–
1.オープニング:吉原 勝己(福岡県)、須部 貴之 氏(鹿児島市騎射場)
2.NPO法人頴娃おこそ会:加藤 潤 氏(鹿児島県頴娃町)
3.Design Space 合同会社 代表:脇黒丸 一磨 氏(鹿児島県伊佐市)
4.37design:味園 将矢 氏(鹿児島県日置市)
5. 鹿児島市事業「街なかリノベーション推進事業」報告
6.福岡DIYリノベWEEK:吉原
————————————–
「DIY」や「リノベーション」が、今あるものの活用で、いかに人が繋がり、地域の期待値が上がり、新しい価値観を生み出すのか。
前半は、鹿児島から魅力あるプレゼンターが語ります。そして、リノーベション文化を誇る福岡では、何が起こっているのか?「DIYリノベーション」がツーリズム(観光資源)にまで発展し、今後の展開に目が離せない「福岡DIYリノベWEEK」の取り組みを、仕掛人 吉原より。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。