吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 『不動産ストックビジネスのあり方(明海大学不動産学部・不動産流通推進センター 共同研究)』報告

『不動産ストックビジネスのあり方(明海大学不動産学部・不動産流通推進センター 共同研究)』報告

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2019.12.13

福岡 久留米の「吉原住宅/スペースRデザイン」・久留米の「H&A brothers(半田兄弟)」の賃貸事業が、『不動産ストックビジネスのあり方(明海大学不動産学部・不動産流通推進センター 共同研究)』にて分析報告頂きました。全国のトップランナー各社と客観的評価を頂くことで、ローカルでも可能な取り組みが明らかになります。
〈ベンチマーク企業〉
リビタ・八清・クラスコ・エンジョイワークス・尚建・丸順不動産・NENGO・一萬・ルーヴィス・NPOつるおかランドバンク・阪井土地開発・泉不動産の皆さま

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。