多治見・瀬戸のまち歩き

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2019.12.15

愛知県 瀬戸物のまちで、ネコまち歩き。スクラッチタイルを上張りしたお店に、神社も民家も屋根が色とりどりで、焼き物産業がまちの見え方に与える影響を感じます。
空中おやしろは、こちらの風習?
噂の鰻屋さんに来てみれば、何とオープン前に売り切れで店じまい 笑。他の店で食べるも、瀬戸は鰻が美味しかった。

来ました。多治見 モザイクタイル ミュージアム。

旭化成を退職して20年。かつての仲間たち、後輩の M井くんが 愛知県・岐阜県を案内してくれて。名古屋のオーナー会の皆さんも、素敵な時間を有り難うございました。駅は大変な賑わい。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。