愛知県一宮市で不動産オーナーさん向けセミナー

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2019.12.14

愛知県 古田オーナーさんのお招きで『大家さんとまちづくり』に登壇させて頂き、古田さんの真摯な勉強会運営精神に気持ちが入ります。
ご一緒の「ひつじ大家」矢崎さんの物件に遊びに行くと、メーチャンたちに迎えてもらいカワイイ!
まちなか賃貸物件の通り沿いで、羊を飼育し普通に不自然 笑。しかし、そこで起こっている現象は、羊がまちの人たちを少しずつ繋ぎ始めている。目的の賃貸経営との整合性は、第一段階 羊と共存する1Fをレンタルスペースとしてまちに解放されたことで、格段に物件とオーナーさんのソーシャル パワーが上昇し、第1フェイズはクリアされていた。ともすればまちのトラブルになりかねない、動物とまちと暮らしに勇気を持って切り込まれた稀有な事例。しかも、ここは日本ウールが全盛時代の羊毛産業のまちという、裏付けも。
次の、第2フェイズ・第3フェイズへの具体化が、このプロジェクトのキモになりそう。
尾張一宮のまちをリサーチすると、たくさんのオタク写真のように、まちのレトロ資源が豊富であることからも、今後のネクスト フェイズへの、ポテンシャル高い一宮の可能性が期待されました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。