吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > ビンテージビルカレッジ 2019 ~リノベーションジャーナル編~

ビンテージビルカレッジ 2019 ~リノベーションジャーナル編~

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2019.6.12

スペースRデザイン主催『ビンテージビルカレッジ』の今回は、「リノベーションジャーナル」大菅 力 編集長をお迎えし、清川ロータリープレイス「FIELD」でカフェセミナー。
『いま求められている暮らし』その基本を学ぶことから、住宅のあり方、賃貸住宅の意義、リノベーション・DIYを再考する、高品質で贅沢な、学びの仲間たちとの時間。
このまちには、天神・博多駅など消費される場所になってしまったまちとは違う、暮らしから何かを生み出すポテンシャルがあることを再認識した勉強会。こんな積み重ねが、九州の賃貸カルチャーを育てていくのでしょう。
そして、みんなでまち歩き。別荘だったという築80年古民家和食で、豊かな時間を共有する。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。