吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > トレーラーハウスのリノベーションで、都会のアウトドアオフィス エリアへ

トレーラーハウスのリノベーションで、都会のアウトドアオフィス エリアへ

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2020.5.10

トレーラーハウスのリノベーションで、都会のアウトドアオフィス エリアを創ってみる @清川ロータリーパーク。
都心のマンションに囲まれた、元 賃貸入居者用駐車場を、アウトドアオフィス スペースへの コンバージョン。
清川ロータリープレイスに拠点を持たれる、blue studio 福岡「souq(スーク)」さん、Re-FillLIFEの「西日本グッドパートナー」さんとご一緒に。
『清川ロータリーパーク"トレーラーオフィス PJ"』。こちらも以前からの構想を、with コロナが加速させていくのかもしれません。
——————-
◎清川ロータリープレイスとは
めぐる、「ひと」「まち」「シゴト」をコンセプトにユニークなシゴトバ複合施設を目指す、出会いと発見がうまれる可能性を持つ場です。
<清川ロータリープレイス>
https://www.space-r.net/rotaryplace

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。