吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > KISYABASTAR・伊佐てぃーむ・大隈横川・大隅家守舎・NPO法人頴娃おこそ会・長野ビンテージビルプロジェクトまとめてご紹介『九州DIYリノベWEEKEND2020 23チーム紹介』

KISYABASTAR・伊佐てぃーむ・大隈横川・大隅家守舎・NPO法人頴娃おこそ会・長野ビンテージビルプロジェクトまとめてご紹介『九州DIYリノベWEEKEND2020 23チーム紹介』

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2020.11.3

【KISYABASTAR@鹿児島市騎射場】
騎射場地区は、コミュニティづくり・ブランディング・プロモーション・人財育成のための「騎射場のきさき市」を毎年開催してきました。そこから、空きテナント10店舗が埋まるほどに。今回雑居ビル1階を活用し、まちの人たちとプロジェクトや事業を企画するオンラインスタジオ(シェアスペース)をつくっています!2021年2月オンラインステーションではこのスタジオから発信する予定!

【伊佐てぃーむ@伊佐市】
稲刈り真っ只中の伊佐市からです。今回初参加でドキドキわくわくで楽しみたいと思います。
伊佐てぃーむはこんな田舎で空家・遊休不動産を使って事業展開が可能なのか?楽しみながら田舎暮らしを!!を紐解いていきます。Withコロナの新しい開拓地に田舎を選択肢に入れる参考にしてください。

【大隈横川@霧島市】
霧島市の中山間地域、横川町から今回初参加します!私たちが暮らす横川町は、どんどん過疎化の進む山の中の町。
昔は金山で栄えた鹿児島の物流拠点でした。歴史も自然も面白いネタがたくさん眠っているこの町をもっと知ってほしい!一緒に面白がる人を増やしたい!今年の5月から一軒の空き家再生を始めています。
動画もぜひご覧くださいね!^ ^
●YOUTUBE
https://youtu.be/wSMMWRDjBuc

【大隅家守舎@鹿屋市】
初参加の大隅家守舎は2015年設立。鹿屋市の中心市街地を中心にリノベーションまちづくりに取り組んでいます。鹿屋・大隅が住みたくなる場所に、誇りを持って楽しく暮らしていける場所となるように、「食と暮らしのマルクト@おおすみ」を毎月開催など、まちづくりに関する事業やコンサルタント等をしています。
2016年にブルースタジオ大隅家守舎で㈱Katasuddeを設立し、鹿屋市立菅原小学校跡をリノベーションした観光拠点+宿泊施設「ユクサおおすみ海の学校」として企画、出資、改修、運営まで行っています。大隅半島の素晴らしい日常を体験できるユクサにお越しいただき、大隅の人と自然に触れてください!
●大隅家守舎
http://ohsumiyamori.com/
●ユクサおおすみ海の学校
https://yukusa-ohsumi.jp/
●食と暮らしのマルクト@おおすみ
http://ohsumiyamori.com/markt/

【NPO法人頴娃おこそ会@頴娃町】
薩摩半島先端の過疎のまち頴娃町で「跡継ぎのいるまち」を目指すのが頴娃おこそ会です。観光によるまちづくり活動で、年間15万人を集め、その後、商店街の空き家再生に波及。
第一号物件「コミュニティスペース・塩や、」を皮切りに、移住者が立ち上げた2軒の宿、農業観光交流拠点、シェアオフィス、シェアハウスなど、気付けば10軒の空き家を再生し、移住者受け入れや創業に繋げてきました。今年は、既存再生空き家の再改装によるビジネス展開、人材育成、他地域への支援などにも取り組み始めました。私たちの空き家再生もセカンドステージに入りつつあるかと感じてます。
「過疎のネガティブをポジティブに」
「上手く使えば、空き家は地域課題ではなく地域資源」
をテーマに、引き続き積極的な活動を展開していきます。
●活動紹介
https://vimeo.com/473685480/219fa18f63

【長野ビンテージビルプロジェクト】
2020年オンライン化により長野県長野市から特別参加!超うれしいです♪福岡DIYリノベWEEKの“ヘビーリピーター”代表としても頑張ります。!(^^)!
長野ビンテージビルプロジェクトは、2013年長野の老舗看板制作会社アドイシグロとスペースRデザインさんとのソーシャルビジネス協働プロジェクトとしてスタート。アドイシグロ敷地内「光ハイツ(1978年築)」を、長野のまちを豊かにする人のつながりの拠点として、時間が経つごとに愛情が深まり、まちに愛される「ビンテージビル」へ育てるプロジェクトに展開。
7年が経過し、光ハイツは、看板屋ならではのリノベーションやイベントにより長野のまちに開かれていくことで、地域の人達に愛着をもってもらえる存在に育ってきました。光ハイツよりも更に古い「柳町ビル(1973年築)」でも、遊び心と絵心を加えたトイレリノベと給湯室リノベを進めビルの発信をはじめました。
アドイシグロも「会社リノベ」等を進め、会社をまちに開き、長野のまちや人を遊び心や絵心で豊かにする「ビンテージカンパニー」へと進化していきたいと思います。
●長野ものづくりビル@光ハイツ
https://ad-ishiguro.com/hikariheights/
https://www.facebook.com/hikariheights
●柳町ビル
http://ad-ishiguro.com/yanagimachi-bldg/
●長野の老舗看板屋アドイシグロ
https://ad-ishiguro.com/
https://www.facebook.com/adishiguro

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。