新Project ①小径のオアシス『桜木町倶楽部』

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2021.2.22

西鉄薬院駅 徒歩5分の路地にたたずむ、江戸時代 博多織製作のまちで大切に守られたきた元旅館を、愛される建物へと永らく育てる素敵な計画が、2020年10月から始まる。
自分の家が旅館だったこともあり「わかば幼稚園」登園で通ったところでもあり、「これからもこの建物を守り、多様なひとが集い、愛される場になってほしい」という愛あるオーナーさんのお仕事に関わらせて頂けるのは、責任が重いけれど感無量。そして、オーナーさんから学ぶことは、路地を量産アパートで埋めてきた福岡の文化度を、もっと高める必要を感じます。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。