吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 新Project③ 経年ワンルーム賃貸の1階フロアをまちに開く。福岡的2コ1リノベーションの可能性

新Project③ 経年ワンルーム賃貸の1階フロアをまちに開く。福岡的2コ1リノベーションの可能性

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2021.2.16

スペースRデザイン社が提案する、エレベーターなし、3点ユニット、ワンルームマンションの再生プロジェクト。道路に面していない奥まった部屋でも、2コ1化したスペースで、これまでの経年不動産社会実験からそこを使いたい人が福岡には必ずいる。そんな直感から始まった。そしてクライアントから学ぶのは、既成概念にとらわれないデザイン・アートの高い感覚に基づく柔軟な目線「ハイコンセプト」が、新たなまちの文化を作るために大事な素養に感じられました。
https://www.space-r.net/blog/building/fogliaokusu/250691

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。