吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 2021年公示価格 全国上昇率2位の物件になる

2021年公示価格 全国上昇率2位の物件になる

カテゴリー:自社物件
投稿日:2021.3.25

福岡県の地価は、住宅地・商業地ともに1975年以降初めて全国上昇率トップになったらしい。(西日本新聞 2021 3 24)
住宅地上昇率トップ(11.7%)は「山王マンション」の博多駅南エリア。
商業地上昇率トップ(15%)は「新高砂マンション/清川ロータリープレイス」の地点。
ビンテージビルの存在が、とうとう地価を上げてしまったのかも w。この後が大変です。

「清川ロータリープレイス」とは
https://www.youtube.com/watch?v=haPOKEC8r_M
「山王マンション」とは
https://m.youtube.com/watch?v=Sldd-l4SXrY

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。