黒崎永田湿地の試み

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2021.3.14

「黒崎永田湿地」荒廃休耕田を管理された湿地にリノベーションしたことで、生態系を復活させた事例。もしも荒廃に比べ、食糧難の時代に水田に復活させやすいのであれば、将来的経済価値が大きい取り組みになるのかも。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。