老舗ロシア料理「ツンドラ」の閉店

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2021.4.21
町内の老舗名店「ツンドラ」が閉じる。福岡が田舎だった子供の頃は洋食屋もなく、初めて連れて行ってもらった、ちゃんとした洋食はツンドラだった。今でも大事な食事会で、お世話になってきたお店も、今日は大行列。
毎日新聞より「時代の波にはあらがえなかった。店の向かいでは容積率緩和で再開発を促す市の『天神ビッグバン』事業で外資系高級ホテルを核とする25階建てビルの建設が進む。周囲の地価上昇に伴い、賃料の値上げも予想され、払い続ける経営体力はないと判断した。「福岡の変化についていけなくなった」
大規模再開発・高層ビル・リッツカールトンホテルなどみかけの都会化が、これからの市民生活を豊かにしてくれると良いのですが。
過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。