『不動産学入門2020』学生の反応

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2021.6.15

九州産業大学「不動産学入門2020」での学生の反応は。不動産や金融の実学に初めて触れるだろうまだ若い大学2年生には、同時に「見えない資産」を学ぶことを大事にして欲しい思いで、信頼するゲストの協力を得ながら14の講義を行ってきた。

「不動産経営」「不動産投資」「就職したい企業」の回答の中には、きっと「見える資産」の動かし方が、自分が社会課題を何とかできることに気づいた人もいるはずで。そのために必要な「見えない資産」を高めたい若者たちが増えると良いなあと思います。

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。