北アルプス山麓グランフォンド

カテゴリー:サイクルスポーツツーリズム
投稿日:2021.7.11

160km 3500m UP 北アルプスグランフォンド スタート。

 

 

2702m 日本で一番高い道「乗鞍岳畳平」へのヒルクライムは、上空寒波のせいか、山上気温5℃、風雨が突然強くなる。
スタートした麓の気温25℃だったのに、軽装で登った山上は雪の中、気温5℃。標高差1200m自転車で下るのは、雨のフランス ピレネー山脈 ツールマレー峠の下りと同じ恐怖体験。
冷蔵庫の水を全身浴びながら扇風機をかけられる感じで、寒の地獄の再現でした。VTRの揺れ続けは、低体温なりかけのヤバい震えだったりします。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。