視察の皆さんと勉強会

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2014.7.9

今日は、八女の皆さん、有明高専の皆さんに、お越し頂きました。

山王マンションでは、WALPAさん → 信濃さん“時代移植”で講義をして頂いてます。

信濃さんの部屋から見える、木造の建物は「遺跡会館」。
日本で最初に 稲作文化が始まったのは、ここからでした。

稲作発祥の地と、リノべーション賃貸発祥と、日本のリノべーションデザインが世界に認知された部屋と、九州のDIY 発祥(WALPA)と。

とにかく、新しい文化が生まれる“宿命の地”ってあるんですね♪

山王マンションの建築家 信濃さんのオフィスでは、米国で受賞されたアーキタイザーのトロフィーを見せて頂きながら、リノべーション設計のお話を伺いました。

また、冷泉荘に移動すると、博多祇園山笠 “集団山見せ”の真っ只中。
冷泉荘と町の関係をたっぷりと体験頂きました。

なぜ、冷泉荘がこのまちにあるのか。
管理人 杉山くんがどんな役割を果たしているのか、ウスウス感じ取って頂けたと思います♪

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。