吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > まちなみ > オフトレ 佐賀山系 “今日の廃墟” 個人住宅に廃墟はあり得るのか?

オフトレ 佐賀山系 “今日の廃墟” 個人住宅に廃墟はあり得るのか?

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2014.8.13

佐賀天山山系のマイコースは、空き家の多発地帯。車がいない里山を結ぶ古くからの道でコースを組むため、九州のマイコースはどこも同じことが起こリます。

先日おこなった“大牟田DIYリノベスクール”に参加頂いた、“グリーンバード大牟田チーム”の正統派廃墟マニア、江(ごう)さんと盛り上がった廃墟話から、今回は「個人住宅における“空き家”と“廃墟”」のあり方について考えてみたいと思います。

まずは、本日収集した対象物件を時系列でUPしました♪
つづく~

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。