吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > まちなみ > 長野県長野市東鶴賀町  “今日の廃墟”  個人住宅に廃墟はあり得るのか?しかも居住中

長野県長野市東鶴賀町  “今日の廃墟”  個人住宅に廃墟はあり得るのか?しかも居住中

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2014.3.27

長野市内の路地歩きで偶然見つけた迫力の建物。
大変申し訳ありませんが、現在、居住されていて、決して廃墟ではありません。しかし、一朝一夕では造れない、この建物から湧き上がる迫力とオーラから、尊敬の念を込めそう感じてしましました。
” 居住中廃墟 “ のカテゴリーを検討すべきか?
謎はどんどん膨らみます!

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。